ハイトーンの適切なケア方法を知ろう

query_builder 2022/02/21
コラム
14

鮮やかな髪色で気分も上がる、ハイトーンカラー。
最近では、インナーカラーなどで、自分だけの個性的なハイトーンを入れる方も増えました。
魅力的なハイトーンですが、ケアを怠ると色落ちの速度が増したり、髪の傷みの原因になります。
適切なケア方法を知って、ハイトーンライフを楽しみましょう。

▼ハイトーンのケア方法
ハイトーンカラーは、適切なケアを行うほど、長く鮮やかな発色を楽しめます。

■シャンプーの頻度は少なめに
洗浄力の強いシャンプーでは、色落ちのスピードを早めてしまいます。
シャンプーを使った洗髪は、2日に一度などに頻度を減らして行うようにしましょう。
どうしてもシャンプーを使いたい場合は、染料が含まれているカラーシャンプーで行うと良いでしょう。

■シャワーの温度は低めに
洗髪をする際のシャワーの温度にも、気をつけるようにしましょう。
ポイントは、体温に近い温度であることです。
お湯の温度は、38度前後のぬるま湯で設定するようにしましょう。

■ドライヤーはスピーディーに
ハイトーンカラーの髪の毛は、高温がダメージになり、色落ちを早めます。
日常生活で髪の毛に高温の負荷がかかると言えば、ドライヤーです。
お風呂上がりのドライヤーは、長時間にならないように注意しましょう。
先にタオルでしっかり水分をとると、ドライヤーを時短できます。

■紫外線対策も忘れずに
日光に含まれる紫外線も、ハイトーンカラーの髪の毛を傷める原因です。
紫外線を受けた髪の毛はキューティクルが開いてしまい、カラーの流出を促進してしまいます。
髪の毛を紫外線から守るUVスプレーや、帽子や日傘を使って、しっかりと対策を行いましょう。

▼まとめ
ハイトーンのケア方法について紹介しました。
シャンプーの頻度や、シャワー温度、ドライヤーのかけ方、紫外線対策などに気を付ければ、美しい髪色を出来るだけ長く保つことができるでしょう。

NEW

  • コラムを発信してまいります。

    query_builder 2021/12/20
  • 白髪染めの頻度について

    query_builder 2022/08/01
  • 頭皮が乾燥する原因と対策について

    query_builder 2022/07/15
  • 寝癖の正しい直し方とは?

    query_builder 2022/07/01
  • 縮毛矯正の頻度とは?

    query_builder 2022/06/22

CATEGORY

ARCHIVE