ヘアカラーの色落ちを防ぐコツについて

query_builder 2022/03/22
コラム
20

ヘアカラーをした際に、避けて通れないのが「色落ち」です。
しかし「理想の色合いをできるだけ長く保ちたい」とお考えの方もいらっしゃいますよね。
この記事では、カラーリングの色落ちを防ぐコツについてお伝えいたします。
髪質が弱く、色落ちしやすい方などは、一度参考にしてみてくださいね。

▼ヘアカラーの色落ちを防ぐコツ
以下の方法を取り入れることで、カラーリングの効果を長く保つことができるでしょう。

■カラーしてから24時間は髪を洗わない
カラーリング剤の色素が毛髪に定着するには、24時間かかります。
カラーをした日と次の日は、なるべく髪を洗わないようにすると、カラーが長持ちしやすいですよ。

■ぬるめのお湯で髪を洗う
ヘアカラーは、熱を加えると色が落ちやすいので、38℃くらいのぬるめのお湯で頭を洗うと良いでしょう。

■しっかり乾かす
髪が濡れたままだとキューティクルが開いた状態なので、カラーが落ちやすくなります。
髪を洗った後は、タオルで優しく髪の水分を拭き取り、ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

■アイロンやコテは控えめに
アイロンやコテを高温で髪にあてると、水分と一緒にカラーも抜けてしまいます。
使用する際は設定温度を低くし、何度も同じ部分に熱をあてないようにしましょう。

■カラーシャンプーを使う
ハイトーンカラーは発色が良くきれいな反面、色落ちしやすいという特徴があります。
カラーシャンプーでケアすることで、色落ちしたカラーを補うことができますよ。

▼まとめ
ヘアカラーは熱に弱い為、熱めのシャワーやアイロン・コテなどが原因で、色落ちが加速してしまいます。
カラーを入れてから24時間はシャンプーを控え、日ごろから髪を優しくいたわることで、理想のカラーを長く保つことができるでしょう。
また、色落ちしやすいハイトーンカラーには、髪色に合ったカラーシャンプーを使ってみてくださいね。

NEW

  • コラムを発信してまいります。

    query_builder 2021/12/20
  • 抜け毛の原因となるものって一体なに?

    query_builder 2022/12/01
  • 自分で出来る髪質改善の方法

    query_builder 2022/11/15
  • 美容室で行った髪質改善を持続させる方法3選

    query_builder 2022/11/01
  • ヘアリセッターで改善したいつむじ割れとは一体何か

    query_builder 2022/10/15

CATEGORY

ARCHIVE