ヘアダメージを改善する方法

query_builder 2022/05/01
コラム
25

「髪のバサバサ、枝毛が気になる」などのヘアダメージに悩んでいませんか。
ヘアダメージを改善するにはどうすればよいのか気になりますね。
この記事では、ヘアケアダメージを改善する方法をご紹介します。

▼ヘアダメージを改善方法
■濡れた髪は丁寧に扱う
洗髪の際は、摩擦を減らすためにたっぷりの泡を使うようにします。
ドライヤーで乾かす際には、ゴシゴシとこするのではなく、柔らかくプレスすることが大切です。
髪が絡まったら、手ぐしでほぐすようにすると傷みを減らすことができますよ。

■コテやアイロンは乾いた髪に使用する
コテやアイロンは、乾いた髪に使用し、2秒以上は同じところに熱をあてないことが大切です。
また、温度160~170℃に設定するようにしてくださいね。
濡れ髪や湿っている状態でヘアアイロンを使うと、ヘアダメージの原因になりますので気をつけましょう。

■紫外線や乾燥の対策をする
夏など紫外線が強い際には、帽子や日傘を使うようにしてUV対策をしましょう。
長時間、髪を紫外線に当てると、バサつきや乾燥などの原因になります。
また冬場は、加湿器を活用すると、乾燥や静電気の防止ができますのでおすすめです。
洗い流さないトリートメントなどを用いると、乾燥から髪を守りヘアダメージを減らすことができますよ。

▼まとめ
傷んだ髪をケアする方法は、「濡れた髪を丁寧に扱う」「紫外線や乾燥の対策をする」などがあります。
正しいヘアケアを行うことで、バサバサや枝毛などのヘアダメージを抑えることができるでしょう。
美容室「Be HAPPY」は、ヘアダメージの相談に応じております。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。


NEW

  • コラムを発信してまいります。

    query_builder 2021/12/20
  • 白髪染めの頻度について

    query_builder 2022/08/01
  • 頭皮が乾燥する原因と対策について

    query_builder 2022/07/15
  • 寝癖の正しい直し方とは?

    query_builder 2022/07/01
  • 縮毛矯正の頻度とは?

    query_builder 2022/06/22

CATEGORY

ARCHIVE