寝癖の正しい直し方とは?

query_builder 2022/07/01
コラム
33

就寝する前は奇麗に整っていた髪に、朝起きると派手な寝癖がついた経験は皆さんあることでしょう。
出社や登校などに向けて準備に忙しい時に、髪の寝癖をきれいに直すのはかなり苦労しますよね。
当記事では、寝癖の正しい直し方についてご紹介させていただきます。

▼寝癖の正しい直し方とは?
■ヘアアイロンで伸ばす
とてもシンプルなのは、ヘアアイロンで寝癖を伸ばしていく方法です。
ヘアアイロンのコードをコンセントに挿すだけで、すぐに寝癖を直すことができてどこへでも持ち運びできます。
ただ適度な使用頻度・時間を守らないと、髪を傷めてしまうので注意しましょう。

■髪を濡らしてドライヤーで乾かす
寝癖は、手ぐしだけでは直らないこともあります。
そのためまずは髪を濡らしてから、ドライヤーで乾かしながら癖を直していきましょう。
温風と冷風を使い分けながら乾かせば、綺麗に寝癖が直ります。

■寝癖直しウォーターを利用する
寝癖を直すための「寝癖直しウォーター」もオススメです。
シャワー等で髪を濡らすよりも、簡単に髪へ水分が浸透するため寝癖を直しやすくなります。

■蒸しタオルを利用する
蒸しタオルで髪を包むことで、髪が潤って寝癖を直しやすくなります。
濡らしたタオルをレンジで加熱するだけでできるため、時短にもなる便利な方法です。

▼まとめ
寝癖を直す方法は「ヘアアイロン」「髪を濡らしてドライヤー」「寝癖直しウォーター」「蒸しタオル」の4つがあります。
寝癖の状況にマッチした方法を選べば簡単に直せますので、まずは起床時に自分の寝癖の状態を確認することから始めましょう。
弊社は川西市で美容室を運営しておりますので、髪やヘアスタイルに関するお悩みがあればいつでもご来店ください。

NEW

  • コラムを発信してまいります。

    query_builder 2021/12/20
  • 白髪染めの頻度について

    query_builder 2022/08/01
  • 頭皮が乾燥する原因と対策について

    query_builder 2022/07/15
  • 寝癖の正しい直し方とは?

    query_builder 2022/07/01
  • 縮毛矯正の頻度とは?

    query_builder 2022/06/22

CATEGORY

ARCHIVE