傷んだ髪の毛のダメージケアについて

query_builder 2022/08/15
コラム
36

「髪の毛の傷みが酷く、どうすれば良いか分からない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
傷んだ髪は自然には戻らないため、どのようなお手入れをするかが重要なんです。
今回は、髪の毛のダメージケアについて解説させていただきます。

▼傷んだ髪の毛のダメージケア方法
傷んだ髪の毛のダメージケア方法は複数存在するので、5つご紹介させていただきます。

■ヘアトリートメントやヘアマスク
ヘアトリートメントやヘアマスクで水分とタンパク質を補給し、髪の毛に潤いを与えましょう。
髪に艶があるかどうかで、第一印象が変わってきます。

■乾いた髪の毛にコテとアイロンを使う
濡れた髪の毛はキューティクルが柔らかくなっているので、コテやアイロンを使うと髪の毛を傷つけてしまいます。
コテやアイロンを使う際は、髪の毛が乾いている時に使いましょう。

■ブラッシング
天然毛や木製ブラシでブラッシングを行い、静電気が発生するのを防いでください。
ナイロン製のブラシの場合、静電気が発生し髪の毛が逆立ってしまう可能性があります。
また無理やりとかすのではなく、優しくブラッシングすることが重要ですね。

■ヘアオイル
ヘアオイルで髪の毛をコーティングし、乾燥や熱によるダメージを防ぐのもダメージケアのひとつに挙げられます。
髪に艶を出したいと感じている方は、ヘアオイルを試されてみてはいかがでしょうか?

■傷んだ髪の毛を切る
髪の毛は一度傷んでしまうと、元には戻らないので注意しましょう。
傷んだ髪の毛を切り、改めて伸ばすのもダメージケアの一環なんですよ。

▼まとめ
傷んだ髪の毛のダメージケア方法として、ヘアトリートメントやヘアマスク・コテやアイロンの使い方などが挙げられます。
毎日のブラッシングは優しくとかして、ヘアオイルなどを上手く活用してみてくださいね。
また傷んだ髪の毛を切り、改めて髪の毛を伸ばすのも選択肢のひとつですよ。
川西市にある「Be HAPPY」では、ダメージケアに関する相談を受け付けております。
髪の毛についてお悩みがありましたら、一度ご相談ください。

NEW

  • コラムを発信してまいります。

    query_builder 2021/12/20
  • 抜け毛の原因となるものって一体なに?

    query_builder 2022/12/01
  • 自分で出来る髪質改善の方法

    query_builder 2022/11/15
  • 美容室で行った髪質改善を持続させる方法3選

    query_builder 2022/11/01
  • ヘアリセッターで改善したいつむじ割れとは一体何か

    query_builder 2022/10/15

CATEGORY

ARCHIVE